低用量ピルを日頃から飲んでいれば大丈夫

低用量ピルの効果

「コンドームだけでは不安」「自分主体でできる避妊方法を知りたい」「ほぼ確実な手段を選びたい」
そんな女性に向いているのは、低用量ピルの服用です。

低用量ピルは、毎日欠かさず飲むことで妊娠を確実に防ぐお薬。最近では通販でも買えるようにまったので、その手軽さから服用している女性が増えてきています。

もしもっと詳しく知りたい!と思ったら、この記事を読み進めてみてください。ここでは、低用量ピルの効果・飲み方・費用について幅広く伝えていきます。

有効性が高い!低用量ピルについて
日頃から服用を続けることによって、妊娠と月経をコントロールできるお薬として登場しました。避妊といえば男性用コンドームの使用が一般的ですが、相手まかせなってしまうのも怖くありませんか。

女性主体になれる方法を選べば、より安心してセックスに臨めるようになるはずです。また避妊以外にも、生理不順の改善や月経痛の緩和など女性にとって嬉しい効果がたくさんあります。

それでは、低用量ピルの効果について詳しく見ていきましょう。

<ほぼ100%妊娠しない>
正しく使用すれば、99%の避妊効果が得られます。有効成分には女性ホルモンに似た、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれているんです。

2つのホルモンの働きにより、脳に妊娠していると思いこませ、新たな受精を防ぎます。
卵胞ホルモン→排卵を起こす。子宮を妊娠に適した環境へと整える
黄体ホルモン→子宮内膜を厚くし、妊娠が安定する環境を整える

すでに妊娠している身体には、排卵が起こりません。そのため体内に精子が入り込んでも、受精しないというわけです。

有効成分の働きによってホルモンバランスをコントロールしている間は、「妊娠中だから排卵は不要」と錯覚し続けて、ほぼ確実な避妊効果が得られます。

<生理中の経血量が減る>
排卵を防ぐことで、子宮内膜の増殖を抑える働きもあります。月経は、子宮内膜が血を一緒に剥がれ落ちる現象です。子宮内膜が薄くなれば、それだけ生理中の血の量も減らせるんです。

<生理不順も治る?>
正常な排卵が起らずに生理不順をきたしているなら、低用量ピルが効果的。女性ホルモンをコントロールして、生理のタイミングが一定になるからです。

ただし重度の場合は、排卵以外の要因が関係している可能性も。生理不順がなかなか治らないのであれば、一度婦人科を受診してみましょう。

正しく飲めば効果抜群!
低用量ピルには、飲み方にコツがあります。しっかりと効果を得たいのであれば、服用方法をチェックしてみてください。

1日1回1錠を毎日、同じ時刻に飲むのが肝心です。体内でのホルモンの量を一定に保つために、24時間おきの服用が推奨されています。

気をつけたいのが、飲み忘れです。「この時間なら絶対に忘れない」というタイミングを、服用タイムとして設定しけば安心ですね。

例えば寝起き1番に飲む、もしくはお風呂前に飲むなど、分かりやすくて良いですよ。

また低用量ピルには、1シートに21錠入りのタイプと28錠入れのタイプがあります。その理由は、休薬期間が必要だから。
<飲み方>
21日間飲む(1シート)→7日間は飲まずにお休み→21日間飲み続ける(2シート目)

28錠入りのタイプは、休薬後の飲み忘れを防ぐためにプラセボ(偽薬)が含まれています。休薬したら忘れそう…という場合、28錠入りがオススメです。

<値段の相場>
1箱あたり(一か月分)の値段の相場は、約2,000~3,000円です。

病院を受診すれば健康保険が適用されることもあるので、一度確認する必要があります。しかし通院が面倒だと思うなら、通販で購入するのも方法の一つです。

通販だと、1箱あたり(一か月分)が約1,700円で買えます。気になる方は、ネットで検索してみてください。